副業で稼ぐなら今は断然仮想通貨が稼げるって本当なのか?

知っている方も多いと思いますが、
今年は仮想通貨元年と言われ、
多くの方が仮想通貨で億万長者となりました。

 

そして今現在も仮想通貨の人気は、
今年のトレンドと言っても良いほど、
人気を博しています。

 

非常に危険な詐欺が増えていますが、
まだまだ夢のある話が多いのは事実です。

 

仮想通貨を使ってどうやって稼ぐか、
いくつかの方法をお伝えします。

仮想通貨で億万長者を目指すならICOが良い?

仮想通貨で億万長者になりたいなら、
ICOに乗ることです。

 

難しい説明は省きますが、
仮想通貨が市場に流通される前に、
購入するということです。

 

一番有名なビットコインですら、
最初は価値が無いモノでしたから、
そういった将来性のありそうな仮想通貨を買えば良い
というのが一番手っ取り早いです。

 

しかし、実は現実的ではありません。
仮想通貨人気からICOが乱立しすぎて、
その殆どが上がらないと言われています。

 

上がってもビットコイン程は行かないですね。
ただ上手くいけば10倍くらいは簡単にいくのが、
仮想通貨です。

ビットコイン、アルトコインを買って保有するだけで稼ぐ

仮想通貨元年とお伝えしましたが、
仮想通貨自体はまだまだ伸びる分野です。

 

今高騰しているとはいえ、
今後緩やかに成長していくと言われています。

 

仮想通貨をやっている仲間は、
ビットコインは100万まではいくのでは?
と言っているくらいです。

 

確かに今の時代を考えると、
現物にない資産があってもおかしくないし、
非常な便利なものですよね?

 

大手販売店ビックカメラでも、
ビットコイン支払いは使えますし、
使われれば流通し、価値も上がります。

 

ビットコインやイーサリアムを中心に、
将来性の高いものは保有しているだけでも、
十分増える要素が高いのです。

仮想通貨をマイニング(採掘)して稼ぐ

私の他の記事で説明していますが、
仮想通貨はマイニングすることで、
増やすことができます。

 

初心者でも分かる!仮想通貨ビットコインのマイニング(採掘)とは?

 

ただものすごい電気代が掛り、
日本でやるとチョイプラスにしかならない
と言われており、
中々勧められません。

 

ただ確実に増えていくので、
少しずつでも増やしたい方には、
オススメの稼ぎ方です。

仮想通貨のアービトラージで稼ぐ

仮想通貨のアービトラージを、
一言で説明すると、
取引所の価格差で稼ぐ方法です。

 

仮想通貨を取引する際に、
取引所を利用しますが、
取引所で仮想通貨の価格差があるって知ってますか?

 

その価格差が結構あって、
それだけで簡単に稼ぐことができると言われています。

 

面倒くさい作業と言われていますが、
アービトラージで稼ぐなら、
一番稼げるの分野だと思います。

仮想通貨でお金持ちになる方法のまとめ

いかがでしたか?

 

仮想通貨で稼ぐと言っても、
様々な方法があることが分かりましたね?

 

投資をやっていて思うのは、
流行りに如何にうまく乗るかが重要です。
少しでも興味があれば、
やってみた方が良いでしょう。

 

ただ詐欺の案件もかなり多いので、
注意して下さいね!

お金を稼ぐならこれはダメ!仮想通貨を始めとしたHYIP投資は詐欺なのか?

仮想通貨の爆発的人気上昇に合わせて、
仮想通貨を絡めた投資案件が後を絶ちません。

 

知らない方や、最近始めた方なんかは、
すぐに信じてしまい損をするケースがあるようです。

 

いわゆる詐欺に遭ってしまうのです。

 

詐欺投資案件いくつかありますが、
本日はHYIP(ハイプ)は詐欺なのか?
という部分について触れていきます。

 今人気!投資案件のHYIP(ハイプ)とは?

HYIP(ハイプ)とは、
High Yield Investment Program の略語で、
日本だと高報酬投資プログラムという意味です。

 

HYIP案件を探すと分かると思いますが、
日利1~10%の投資案件が出てきます。

 

「そんなの誰がやっても億万長者やんけ!」
と思ってしまって、正直興味がわかず、
私は放置していました。
話が旨すぎるからです。

 

騙される方も多いということで、
ちょっと連絡を兼ねて、
十分に注意してねということを言いたいのです。

HYIPは全て詐欺でお金を稼ぐことができないの?

この答えとしては、
HYIP案件のほとんどは詐欺
と言っておきます。

 

だって日利10%とか、
普通に考えて無理ですよね?
おいしい話ほど、少し考えて下さい。

 

でも詐欺会社も必至です。

 

サイトの作り込みもしっかりしてきて、
あたかも絶対稼げる様な装いで、
勧誘してきます。

 

一時的に大きな報酬を出して、
油断させる方法もしてきます。

 

私は100%詐欺とは言えません。
いくつも案件がありますが、
お金を捨てるつもりなら、
チャレンジしてみても良いのでは?

HYIP詐欺の実態とは?

詐欺会社は、

  • 資金が返ってこない
  • 出金できない

というところが多く、
自転車操業で回しているところがあります。

 

ポンジ・スキームと言いますが、
会員から集めた資金を、
そのまま運用益と称して配当し、
あたかも稼げているかのように見せ、
更に資金を徴収する方法です。

 

当然我々には分かりません。
最初の内は報酬が良く、
騙された気にならないからです。

 

こういった案件には、
大金を入れないことと、
早く出金できることさえできれば、
まだやっても良いかなと思います。

 

しかし、何度も言いますが、
資金を捨てる覚悟ではじめて下さい。
私はやりませんが・・・

本当に稼げる投資案件を掴むには人脈が必要?

ネットで仕入れる段階では、
正直言って遅いです。
私の知り合いの中だと、
すぐに新たな投資案件が出てきます。

 

そのほとんどが、
一般人には考えられない方法や、
スキームが見えてきます。

 

残念ながらこれは本当のことで、
金持ちは、金持ち同士で、
勝手に資金を増やしていきます。

 

庶民にはおいしい情報なんて、
極一部しか流れてこないのです。

それでも投資案件で勝ち組になるには?

人脈を広げて仲良くなるのが一番です。
でも本当にお金が掛る作業です。

 

しかも厄介なことに、
上には上がいます。
ネット上ではお金持ちと言いながら、
更に上がいるんです。

 

私の師匠は月数億と稼ぐ方ですが、
まだまだ上がいるようです笑
そして投資額も億単位になってきます。

 

でもそういった方でも一般人でも、
ギリギリ手の出せる、
良い情報を流してくれます。

 

そういった案件を積み重ねて、
新たな情報を手に入れると、
また良い情報が入ってきます。

 

話はそれましたが、危険な投資案件には、
手を出さない様に注意して下さいね!

初心者なら必見!副業で人気の仮想通貨とはいったい何?

仮想通貨って最近良く耳にしませんか?
最近だと北朝鮮がビットコインを集めてるとか、
ビットコインの値上がりがすごいとかですね。

 

ビットコインとは仮想通貨の1つですが、
仮想通貨は1000種類近くあると言われています。
初めて「仮想通貨」というものに興味を持つ方へ、
今回はその仮想通貨について分かりやすく説明していきます。

 

詳しく書くとキリが無いため、
今回はその初歩の初歩「お金」というものについてから、
まとめて行きます。

 

順を追って説明した方が、
分かるので仮想通貨って何?
って思っている超初心者のあなたには、
分かりやすい内容にしております。

仮想通貨を知るためお金の始まりを知ろう

原始時代、人間はすべて「物々交換」が基本でした。
自分の持ち物を出し、相手の持ち物をもらうというものです。

 

しかし、それでは双方の希望が合わない限り、
100%交換することはできません。

 

そこで「通貨」というものが登場しました。
ある物体を仲介して、品物をやり取りするのです。
それは貝殻や穀物、金など、国々で異なります。

 

「これは価値のあるもの」
と認めた人たちの間でしか通用できない、
特別なものを「通貨」と呼んだのです。

 

そのうち、その地域での権力者が強制的に
「これを通貨として使う」とお触れを出します。
そして、そこに住む者は、
その物体を通貨として使う義務が生じました。

 

それが現在でいう、法定通貨です。

 

日本では円、アメリカではドル、
ヨーロッパ各国ではユーロとなります。

世界共通資産の【金(ゴールド)】の価値とは?

古代からつい最近まで、
人類に最も信頼されていたものが【金(ゴールド)】です。
いわゆる「金本位制」というものです。

 

それは第一次世界大戦まで続きました。

 

戦争の後、経済的な混乱期に入った世界は、
自分の国が所有する金の量に縛られているような、
経済政策では成り立たなくなり、
ついに金本位制から離脱をしたのです。

 

そのため、世界各国は安い労働力や市場を獲得するべく、
あらゆる国、土地へと進出していきます。
それが第二次世界大戦へと、行き着いたのです。

 

金本位制から管理通貨制への移行期にあった、
各国の対立、力比べが一気に爆発したような恰好なのです。

 

第二次世界大戦後、
世界各国は安定した経済体制の保持を望みましたが、
経済活動が大幅に拡大したこともあり、
金本位制に戻ることは不可能でした。

 

そこで、終戦当時の世界で、
最も多く金を保有していたアメリカの通貨、
ドルを基軸にした管理貨幣制度がスタートしたのです。

 

それが、米ドルを基軸とした、
変動相場制による管理貨幣制度です。

国家が保証していない通貨だがお金としての価値があるものとは?

国家が保証しているお金は前述のように、
単位が円やドル、ユーロといったもののことです。

 

ですが、お金は他にも様々な形で存在しています。

 

有名なのが、ギフトカードなどの「金券」です。

 

たとえ大きな企業が出しているものだとしても、
それは国家ではなく、個人的な保証にしか過ぎません。
しかし、使い方は間違いなく、
お金と同じ仕組みで使うものです。

 

  • 会社ごとに決められた購入時のポイント
  • 割引チケット
  • 図書カード
  • クオカード・・・

 

言いだしたらきりがないほど、
たくさんあるんです。

今人気急上昇の仮想通貨とは?危険なのか?

インターネットの技術が進化し続けている現代、
目に見えない、現物が手に取れない「通貨」が登場してきました。
もっとも代表的なのが、クレジットカードや電子マネーです。

 

もちろん、法定通貨が介在しているものの、
現物でやり取りすることはありません。

 

そこで、クレジットカード会社や、
さらには国すら介在しない仮想通貨があります。

 

最初のほうで書きましたが、
通貨とは「これは価値のあるもの」と認めた人たちの間でしか、
通用できない特別なもののことです。

 

もし、世界の人口の大半が、
「これは価値がある」と認めたものがあるとしたら、
それは信用に足るものでしょうか。

 

1万人の大企業の後ろ盾と、
数億人、数十億人の規模の人が使っているもの、
信用度でいえばどちらもあるはずです。

 

しかし全く怪しくないものとも言い切れません。
なぜなら、まだ知識が乏しい人が多いためです。

 

多くの人が「知識はなくても興味がある」という状態は、
仮想通貨は必ず儲かるという言葉だけが先行して、
非常に危険と言えます。

仮想通貨のおすすめビットコインは今後必ず稼げる?

仮想通貨で有名なビットコインですが、
実はその類似サービスは世界中に、
1000を超えるほどの数があるといわれています。

 

その中で価値が高いのは、
ビットコインなどの様な古くからあるサービスなど、
上位10%ほどにしか過ぎません。

 

それ以下のものは簡単に言えば、
使っている人が少なく、信用度が低いもの、
と言えます。

 

しかし、ビットコインなどのような、
うなぎのぼりで価値が上がっているものなどは、
この先も生き残り、
これからの世界をガラッと変える可能性がある、
と断言できます。

初心者で仮想通貨をするならビットコインかイーサリアム?

価値が高いのは上位10%とお伝えしたとおり、
初心者で他の仮想通貨に手を出すと損します。

 

まだまだ仮想通貨は伸びると言われているので、
ビットコインとイーサリアムは間違いありません。

 

少額でも購入できますので、
円の価値が下がった時の為に、
保有しておいた方が良いかもしれません。

 

少しずつ勉強していけば、
ビットコイン以外でもチャレンジできて、
億万長者になれるチャンスがあります。

 

くれぐれも無理のない様に、
購入していけばよいと思います。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

初心者でも分かる!仮想通貨ビットコインのマイニング(採掘)とは?

現在、世界中の人の間で、
高い関心を集めている「仮想通貨」というものがあります。
その中で特に有名なのが「ビットコイン」と呼ばれるものです。

 

今年は仮想通貨元年と言われているほど、
ビットコインを中心に市場が盛り上がっています。

 

今や大手ビックカメラですら、
使用できるというビットコインですが、
ビットコインは取引所で購入する他、
マイニング(採掘)する方法で、
ビットコインを得ることができます。

 

本日は、ビットコインとマイニング(採掘)について、
分かりやすく説明できればと考えています。

仮想通貨ビットコインの仕組みとは?

ビットコインは一定の期間ごとに、
すべての取引記録を取引台帳へ記帳していきます。
その取引台帳は一つしかありませんが、
世界中のあらゆるネットワーク上に分散して保存されています。

 

その台帳へ、追記の対象となる期間に発生した、
すべての取引のデータの整合性を取りながら、
逐一正確に記録しなければなりません。

 

その作業は当然、
コンピューターの力で計算、記録します。
分散されて保存されている大きな取引台帳のデータ、
そして新たに発生して追記する必要があるデータ、
その両方を正確に、検証しながらきちんと記録する必要があります。

 

ビットコインの一番の特徴は、
その作業を、
【有志のコンピューターリソースを使って行う】
という点です。

 

起動されているコンピューターの計算能力の中で、
使っていない部分を使い、膨大な計算量を行うのです。

仮想通貨ビットコインのマイニング(採掘)とは?

先程説明した作業を、
コンピューターの一部を使って追記の「お手伝い」をしてくれた人へ、
見返りとしてビットコインが支払われるのです。

 

追記作業の手伝いをして、
正確な運用が行われたということへの報酬にビットコインがもらえる、
ということです。

 

この時に払われるビットコインは、
新たに発行されたビットコインで行われます。
つまり、ビットコインの増刷、新規発行は、この瞬間に行われるのです。
そして、ビットコインの新規発行はこの時以外には、行われません。

 

この行為が「採掘(マイニング)」と呼ばれています。
一般的に、ビットコインを掘るというのは、このことを指します。

仮想通貨ビットコインのマイニング(採掘)は簡単?

マイニング(採掘)は、簡単にできますが、
高い映像処理、描画力が必要となるゲーミングパソコンは、
非常に高い処理能力を持ち、当然採掘量も多いです。

 

こういったパソコンでゲームをしていないときに、
マイニングをすると、多く採掘できる、などと言われています。

 

速度は低くなりますが、
ネットブックのような処理能力が小さいものでも、
一応は可能です。

 

また、コンピューターの計算能力がお金になる、
というのをビジネスチャンスととらえ、
このためだけに専用の採掘場=何十台ものパソコンをつないだファーム
を作るという人もいます。

 

土地の空いているところに太陽光パネルをつけて、
ためた電力を売却する、というのと似たようなものです。
ビットコインの発展、普及を祈ってたくさんの人が、
採掘をしています。

 

本当の意味で、放置しているだけでお金がもらえるのが、マイニングです。
しかしそのおかげで、どんな企業のサーバーにも頼ることなく、
滞らずに大量の取引と記録ができ、安全性も高く維持されているのです。

仮想通貨ビットコインは誰が管理しているの?

ビットコインとは、あくまでもネット上の通貨で、
ドルや円とは違います。
これは言い換えれば、中央銀行すら存在しない、
ということでもあります。

 

ビットコインの新規発行は、
各個人のマイニングによる時だけです。
発行、流通を管理する組織がないのです。

 

世界中のどこの国も、企業も、
ビットコインの発行と流通にはかかわっていません。

 

この非現実的で、空想の世界のような通貨が、
今まさに現実の経済に大きな影響を与えています。

 

特に現在北朝鮮リスクがありますから、
国の動向によって価値が落ちるドルや円より、
誰も管理していないビットコインに資産を移す人が増えています。

 

ですから需要が高く、
仮想通貨は取引量がきまっていますので、
価値が上がっていくのです。

ビットコインをマイニング(採掘)したら無限に儲かるの?

先程、取引量が決まってるとお伝えしましたが、
一つだけ決められているのがビットコインの発行総量です。

 

と言っても、2140年までに2100万ビットコインというものですが、
それ以降、もしくはそれ以上は新規に発行されることはありません。

 

ですので、一瞬にして発行量が増えてインフレを引き起こしたり、
あらゆるところで混乱を引き起こしたりしないよう名設計にはなっています。

 

マイニング(採掘)はやり方次第で儲かります。
ただ電気代がものすごい掛るというのは有名な話です。
多分普通に自宅でやってもトントン位でしょうか。

 

はっきり言って日本でマイニング(採掘)をするのは、
割に合わないと思います。

 

私の知り合いは、中国の山奥の水力発電で、
安い人件費でマイニング(採掘)しています。
この位やらないと儲かりません笑

 

ある方法でマイニングして、
稼いでいるチームがあります。

 

興味がある方、知りたい方は、
問合せを下さい。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

日本発!新仮想通貨が【Jコイン】を発行?稼ぐことができるのか?

今、仮想通貨と言えばビットコインですよね?

 

ビットコインなどの仮想通貨は、

  • 銀行や海外の送金に時間が掛らない
  • 高い手数料が掛らない
  • 海外でも共通の通貨

と言うことで今爆発的に使用が増えています。

 

そんな中、日本でもメガバンクや地方銀行が組み、
【Jコイン】なるものの仮想通貨の発行を、
検討しているというのです。

仮想通貨ビットコインに代われるのか?Jコインとは?

テレ朝のニュース記事を抜粋します。

国内のメガバンクや地方銀行などが組んで、共通の仮想通貨である「Jコイン」の発行を検討していることが分かりました。

みずほフィナンシャルグループは今月、ゆうちょ銀行や地方銀行約70行を集め、新たな仮想通貨についての勉強会を開きました。仮称「Jコイン」と呼ばれるこの仮想通貨は、ビットコインなどのように価格が変動せず、あらかじめ、銀行口座にある円をJコインに替えることで、スマートフォンを使ってお店で支払いをしたり、個人の間で代金の受け渡しをすることが可能になります。現金を使わない決済データをアップルペイなどの海外勢に握られる懸念が強まるなか、国内の銀行連合による対抗策として、東京オリンピックが開催される2020年までの実現を目指します。

引用:9/17(日)11:58配信 テレ朝ニュース

 

海外の決済システムに備えて、
2020年東京オリンピックまでに実現を目指すということですが、
皆さんはどう考えますか?

 

私は流行らないと思います。
そのままビットコインが主流になるかと思いますね。

なぜ仮想通貨ビットコインの様に流行らない?Jコインの致命的欠点とは?

まず価格が変動しないということで、
流行らないでしょう。

 

仮想通貨のビットコインが、
これだけ流行っているのは何故だと思いますか?

 

決裁システムが良い?
使い勝手が良い?
手数料が安い?
違います。

 

投機的狙いがあるからここまで人気があるのです。

 

しかし、【Jコイン】には価格の変動が無い様です。
相当な付加価値がついていなければ、
流行らないでしょう。

そもそも仮想通貨はビットコイン意外にどれだけある?

ビットコイン以外を、
アルトコイン(オルトコイン)と呼ばれており、
もうまもなく1000種類に届きそうな勢いで増えています。

 

そもそもJコインは投機的な意味合いはない様なので、
イメージとしてはSuicaの様な電子マネーですかね。

 

Suicaが主流になったのは、
我々の生活になくてはならない電車に採用されたからです。
電車に乗ると付加価値(割引)もありますからね。

 

仮想通貨Jコインはどうなるのでしょうか?

 

2020年までにはビットコインを始め、
多くの仮想通貨が出回っており、
そちらがメインになっていくでしょう。

 

仮想通貨で流行らせるなら、
やっぱり価格変動がついていて、
市場の流動性が無いと流行りませんね。

 

ムダ使いを辞めて、
ビットコインで統一すれば良いのにと思う一日でした。