FX口座なら海外口座?追証とゼロカットとは?

先日の記事でFXのレバレッジが、
25倍から10倍に規制がかかる
という記事を紹介しました。

 

その中で、

  • 追証
  • ゼロカット

というワードを出しましたが、
分からない方の為に解説します。

 

FXで国内口座と海外口座の、
どちらか迷っている方は、
参考にしてみると良いでしょう!

FX初心者なら必要な知識【追証】とは?

まずFXを始めるにあたって、
口座にお金を入れますよね?
FXは一定の金額(証拠金)を入れれば、
レバレッジを効かせたトレードができます。

 

その知識を踏まえた上で簡単に説明すると、
そのレバレッジを維持するための担保(証拠金)が無くなったので、
証拠金を追加して下さい。
という意味です。

 

国内のFX口座は、
大体追証(追加証拠金)が発生します。
また、必要証拠金を割って損失が出た場合、
強制ロスカットという流れになります。

 

ちなみに必要証拠金は取引金額の4%以上と、
内閣府令の「FX証拠金規制」により、
定められています。

あると安心海外FX口座に多いゼロカットシステムとは?

次にFXをやっている方なら知ってる、
ゼロカットについて説明します。

 

殆ど起きることはありませんが、
為替は世界的事件や事故があると、
大きく変動し、
意図せず資金が無くなる可能性があります。

 

大きく有名なところで、

  • スイスフランショック
  • リーマンショック
  • 東日本大震災

です。

 

中でもスイスフランショックは、
歴史的大暴落と言われ、
国内では強制ロスカットも機能せず、
追証で借金を背負った方もいます。

 

そんな中、注目されたのが、
ゼロカットシステムです。

 

ゼロカットとは文字どおり、
口座残高がいくらマイナスになろうが、
「0」に戻してくれる画期的なシステム
です。

 

あまり嬉しくないですが、
資金を溶かした際、借金は残りません。

 

ゼロカットシステムは、
海外口座の有名どころであれば、
殆どが付いています。

 

ぜひ使ってみると良いでしょう。

コメントを残す