副業のFXで稼ぐという選択肢がなくなる?恐るべき金融庁の対策とは?

本日はFXの内容です。
FXって副業の中でもとても人気が高く、
すでにやっている方も多いのではないかと思います。

 

かく言う私もFXの副業をやっている1人です。

 

株と何が違うというと、
その圧倒的レバレッジですよね。
FXの方が億トレーダーが多いのは、
そういった背景があるかもしれませんね。

 

でも最近の日経新聞をご覧になりましたか?
FXを日本の口座で運用している方に、
大きなダメージを受ける記事がありました。

 

その点を紹介します。

FXで稼げなくなる?稼ぐことを禁じた金融庁?

まずは、下記の抜粋記事を見て下さい。

 

FX証拠金倍率の上限下げへ 金融庁検討、最大25倍から10倍に

2017/9/28 1:30日本経済新聞

 

金融庁は外国為替証拠金取引(FX)の証拠金倍率(レバレッジ)を引き下げる検討に入った。現行の最大25倍から10倍程度に下げる案が有力。外国為替相場が急変動した際、個人投資家や金融機関が想定を超える損失を抱えるリスクが高まっていると判断した。

出典:2017/9/28 1:30日本経済新聞 電子版

 

何が言いたいかというと、
レバレッジが下がるということです。
これではFXの良さが消えてしまいます。

 

FXは少ない資金で売買できるので、
お金が少なくても多額の利益を生むことができますから、
それがし難くなるのです。

 

確かに多額の損失を生むリスクもありますが、
そこまでするとFXから他の投資に移る人も、
出るんじゃないかなと感じました。

現在FXを日本口座でやっている方はどうなる?

規制を受け入れて10倍のレバレッジでやるか、
海外口座で運用していくかのどちらかになります。

 

海外口座はレバレッジも高く、
ゼロカットシステムを採用しているので、
追証(追加証拠金)を払う必要はありません。

 

有名なところでレバレッジが888倍で、
運用できるところもあります。

 

日本の会社のレバレッジに納得いかなければ、
こういった口座を使用するしかありません。

 

勝たなければ全く意味がありませんがね笑

副業でFXやるなら海外口座が良いのか?

海外口座はレバレッジが高く、
先程言った様にゼロカットシステムがありますから、
安心という訳ではありませんが、
一定の資金以上の支払いはありません。

 

しかし税金が違ってきますから、
稼げば稼ぐほど海外口座はオススメできませんし、
雑所得の区分になりますので、
330万円を超えると税金の納付額が上がります。

 

また海外口座は会社によって、
資金が引き出せないなどの被害もありますので、
海外口座で始める際は会社を慎重に選びましょう。

 

ベストは、海外口座で稼いだ後に、
日本口座に切り替えて運用する方法でしょうか。

 

どちらにせよ、
この規制は投資家にとっては、
耳の痛い話です。

コメントを残す